很污很黄能把下面看湿作文,撩得你流水文章片段
紹介| 組織機構| 年表| 分館| 文物保護
中國港博物館の紹介

  中國港博物館は浙江省寧波市北侖區春暁濱海新城に位置し、建築面積が40978平方メートル、2014年10月より竣工し開館した。中國港博物館のポジショニングは港文化を主題として、展示、教育、コレクション、科學研究、旅行、國際交流などの機能を一體に集まり、國際性、専門性、コミュニケーションを體現する中國で規模が一番大きく、レベルが最高である大型港テーマ博物館であり、港の歴史を掘り出し、港の文化を伝承し、海洋分明を伝播する重要な基地になり、新世紀の海上シルクロードの重要文化の拠點となる。

  中國港博物館は「港は天下を通じる」の文化の中身を負い、國內外が中國の港の歴史の研究、港の未來を探索する學者に學術交流のプラットフォームを提供する;見學者が中國の港の発展過程の理解、港の知識の把握に突っ込んだ學習環境を提供した;広い青少年が港の発展の感知と港に対する興味の育成に直観的なイメージとコミュニケーション雰囲気を提供した;海洋文明と港文化の伝播と向上に全面的な展示と突っ込んだ研究空間を提供した。

展示ホール

1.「港は天下を通じる」中國港の歴史陳列。

  この陳列は歴史時間の順序をメインとして、大昔、古代(夏商周から1840年前)、近代(1840年から1949年まで)、現代(1949年から2017年まで)の四つの歴史段階により、中國港の発展変化を展示し、展示區域の総面積が2950平方メートルである。各歴史段階の中國港に発生した時代性、標識性、マイルストーン意味がある重要な史実、典型的なイベント、重大な成果を體現し、すべての歴史時期の全國港の発展全貌を反映するうえ、特定歴史時期の重要な港のユニークな役割を反映した。


2.「イノベーションの道」現代港の知識陳列。

  この陳列は當代港の技術を背景として、港の基本的な構成、主な機能、インフラ、重要な設備、肝心な技術、サポートシステムにより、現代港の技術特徴と地域役割を展示した。専門的な機能をメインとして、港の建設、港の作業、港のサポートシステムの三つの展示エリアに分け、展示エリアの総面積が約2000平方メートルぐらいである。


3.「水中考古は中國にある」テーマ陳列。

  展示エリアの面積が約1800平方メートルである。陳列內容が「機構と人員」、「技術と裝備」、「調査と発掘」、「保護と交流」、「計畫と展望」などの五つの內容に分け、中國水中考古と水中文化遺産保護の二十年來の発展過程と主な成果を集中展示した。これ以外、展示ホールには半開放式の出水沈沒船修復展示エリアが設置され、公衆は通電ガラスを通じ、「小白礁Ⅰ號」など古代の沈沒船の保護場面と修復の流れを見學できる。


4.港科學探索館。

  港科學探索館は港の時空変化とキャラクターの変化の立場から、港の科學技術、航海の航運、海洋の地理、海上の安全などのテーマをめぐり、設計は港灣荷役、貨物検査、サージ體験、風力発電、地震津波などの関連展示項目と展示品を含み、見學者が港及び海洋知識に対する全面的な體験になり、展示エリアの総面積が約1800平方メートルぐらいである。


5.「デジタル海洋」體験館。

  展示エリアの面積が約800平方メートルである。デジタル海洋體験館は國家海洋の発展戦略に従い、「デジタル海洋」中心的な技術を基礎として、人間が海洋に対する理解、海洋の利用、未來海洋を主な內容として、バーチャル、特殊映像などのハイテク展示手段を運用し、楽しませながら教え、參観者を展示ホールに入れると、海洋世界に深く入り込ませるように體験させ、視覚と聴覚の雰囲気で海の知識を學習?理解させる。


6.「海濡之地」北侖歴史遺跡の陳列。

  「海濡の地」は東方港城北侖地理特徴と社會人文形態に対する高度のまとめであり、この陳列は「北侖歴史が異なる時期では、北侖人が開放と開拓進取の歴史」のテーマ思想により、すべての歴史時期には北侖で発生した重要な歴史、典型的なイベントと重要な人物を體現する。展示エリアの面積が約700平方メートルである。

営業時間

火曜~日曜9:00-17:00(16:00入館禁止)
月曜閉館

交通

バス
670番バス、721番バスに乗って北侖春暁洋沙山観光地駅に行く
791番バスに乗って北侖春暁聴海路駅に行き、東北方向へ100メートル行ってから洋沙山路を右に曲がってください、500メートル歩いて春暁大道まで左に曲がって行けばいい。

地下鉄
地下鉄1番線で長江路駅で721番バスに乗り換えて北侖春暁洋沙山観光地駅に行く
地下鉄1番線で大碶で790番バスに乗り換えて北侖春暁聴海路駅に行く

ドライブ
北侖方向から太河南路に沿って春暁大道を左に曲がれば港博路の交差點に行く

電話:0574-26915555

ツイッター:@中國港口博物館

住所:寧波市北侖區春暁港博路6號

?